膝が茶色(色素沈着)の対策 ロコシャイン+予防で効果を!

膝が茶色(色素沈着)の対策 ロコシャイン+予防で効果を!

 

膝周辺の皮膚が茶色くなってしまい、くすんだ膝になっていませんか?

 

くすんでカサカサとした膝になっていることに悩んでいる人が実は非常に多いのです。

 

普段はあまり気にしていなくても、膝が見える服を着た時に茶色くくすんでいると恥ずかしいと急に感じるものです。

 

そんな茶色くなってしまった膝をどのようにケアしていけばいいのか調べてみました。

 

膝が茶色くなる原因

膝は関節なので動かすことが多く、皮膚が伸縮するため他の皮膚に比べると暗く見えがちです。

 

しかし膝を伸ばした状態でも周りと皮膚の色と違いがある場合は色素沈着している可能性が高いといえるでしょう。

 

膝部分は顔などと違って皮脂がほとんど出ないため、非常に乾燥しやすくなっています。

 

そのため刺激にも弱いのに、膝をついたり足を組んだりと酷使されています。

 

その刺激から肌を守るためにメラニンが生成されて、蓄積されることで色素沈着を起こして茶色くくすんでしまっているのです。

 

膝の色素沈着への対策

膝の色素沈着を防ぐ対策は日頃からの心掛けが大切です。

 

まずは普段の生活習慣を見直し、以下のことを心が得るようにしましょう。

 

摩擦を避ける

摩擦によって皮膚が刺激されてメラニンが生成されてしまうので、摩擦を避けるようにしなくてはいけません。

 

そのためには正座を避けたり、ピッタリと膝にフィット感のある服を着ないようにしたり、膝をつかないようにする必要があります。

 

保湿をする

膝は乾燥しやすい部分なので、しっかりと保湿をする必要があります。

 

ボディクリーム等で日頃から保湿を行えば、色素沈着を避けることが出来ます。

 

UV対策をする

日焼けはメラニン生成を活発化させて、色素沈着を起こしやすくします。

 

膝部分は皮膚がシワになりやすいので、丁寧に日焼け止めを塗る必要があります。

 

膝のくすみの改善策

膝が既に茶色くくすんでいる場合の改善策としては、上記の日頃の予防策と合わせてスクラブ等で角質を綺麗にすれば少し改善されていきます。

 

しかしゴシゴシとスクラブで擦れば、また皮膚が刺激されてしまい炎症を起こして逆効果を与えてしまうので優しく洗うようにしなくてはいけません。

 

また美白クリームを塗ってケアすれば少しずつ改善されるでしょう。

 

予防策+ロコシャインで徹底ケアを!

とはいえ、わかってはいるものの上の項目すべてを一気に改善するのは大変ですし、毎日意識し続ける苦痛から途中で挫折する可能性があります。

 

その大変を簡単に変える手軽オールインワン美容液が『ロコシャイン』です。

 

エステ級美白セラムというキャッチコピーなのですが、とにかく贅沢な保湿成分が使われています。

 

■ヒアルロン酸
■コラーゲン
■プラセンタエキス

 

たぶん、これらが保湿成分だとわからない方はいないんじゃないでしょうか。

 

それほど知名度の高い保湿成分だと思います。

 

また、ふつうなら摩擦によるダメージで黒ずみの元になるメラニンが生成されてしまうんですが、ロコシャインはそのメラニンの生成を抑える効果があるんです!

 

保湿&黒ずみ対策ができて、多くの植物エキスが使用されて無添加にこだわったオーガニック美容液とメリットが多いです。

 

高額なのがデメリットですが、値段分に匹敵する保湿力と実感力があると思います。

 

実際に体験させて頂きましたが、確かな実力は十分感じられました。

 

気になる方、ロコシャインを購入するか悩んでいる方は、どうするかの判断に使ってやってください。

 

>>ロコシャインを実際に体験!効果はどう?口コミします