ロコシャインにハイドロキノンは含まれてる!?副作用など危険性は?

ロコシャインにハイドロキノンは含まれてる!?副作用など危険性は?

 

最近人気が高い美白作用のハイドロキノン。

 

でも、ハイドロキノンは

 

・含有率が高いと肌の炎症やかゆみを引き起こす
・メラノサイト細胞まで破壊してしまい紫外線ガードができなくなる
・治るどころか逆にシミ、色素沈着が悪化するケースも
白斑(肌がまだらに白くなる)ができる可能性がある

 

というリスクが多いといわれています。

 

いくら黒ずみを治したいからとはいえ、そんな危険を負ってまで治すのはイヤですよね…

 

ロコシャインに、そのハイドロキノンが使われているかどうかですが…

 

全成分を見てもらうとわかると思いますが、ハイドロキノンは使われていません!

 

ロコシャインのすべての成分


【有効成分】
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
【その他の成分】
精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ユリエキス、サクラ葉抽出液、ニーム葉エキス、タイソウエキス、ショウブ根エキス、 クロレラエキス、アロエエキス(2)、カッコンエキス、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、 ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、水溶性コラーゲン液(4)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、架橋型メチルポリシロキサン、 ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3.B.O.)(8EO.)(P5.O)、 アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、水酸化カリウム、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸エステル

 

見てもらうとわかるんですが、ロコシャインはコラーゲンやヒアルロン酸、植物系のエキスなど化粧品にはたいてい含まれている成分が多いです。

 

危険性のある美白成分は含まれていないので、そういった副作用のリスクに悩むことは無いですよ!

 

どうしてハイドロキノンが含まれていないのにロコシャインで黒ずみ対策ができるの?

 

「じゃあ、ロコシャインはどうやって黒ずみ対策をするの?」

 

って疑問に思うんじゃないでしょうか。

 

じつは、ロコシャインにはハイドロキノンに頼らずとも5つの成分で黒ずみをガッチリとブロックしてくれるんです!

 

■プラセンタ
■グリチルリチン酸2K
■サクラ葉エキス
■バイオアンテージ
■カモミラエキス

 

ハイドロキノンほど強力ではありませんが、時間をかければ十分黒ずみ対策になってくれますよ!